現代生活に合うように、自分向けに健康法をカスタマイズする

規則正しい生活をして、栄養バランスの取れた食事を摂り、適度な運動をして良く眠ることが出来れば、体は健康であるというのが生活の知恵として基本かと思います。

しかし、人の生活はいよいよ便利になり、皆やりたいこと達成したいことが増え、それに伴ってこなしていかなければならないことの分量も増えました。

すると、そのように体をメンテナンスしながら暮らしていくことがなかなか困難になっているはずです。

人のニーズに合わせて動くと生活は不規則になりがちですし、栄養たっぷりの食事を自分のために用意している暇はありません。

忙しくしていれば用事が終わった時運動が出来る体力など残っていないということも多いでしょう。そして、疲れすぎて眠れなかったりします。


このようなタイプの現代的な健康問題を解決していくためには、ストレスが一番の大敵になる型の生活であると自覚して、対策していくことが重要です。

やはり昔から健康によいと言われている方法が正しいことには違いなく、そこからずれている生活をしていたら体に悪いのは否めません。

ただ、そのような情報に関しても日々アップデートされていくものですし、それなりに健康を気遣って暮らすことはでき、生活していくためにはそれが出来れば御の字というところが本音になるところではないでしょうか。

あとは病は気からということで、気持ちがしっかりしていれば案外元気を保てたりするのです。
なので、健康のことを気遣えないためにストレスがあり、それで日々の課題を前向きに向かっていけないという状況が生まれることをまず解決するのがよいです。自分の生活が不規則になりがちな方なら不規則で仕方がありません。それを前提として、自分の体が喜ぶことをしてあげると生産的です。

健康のことを気遣う時、自分が何が出来ないから気になってストレスがかかるかを考え、それに対する自分なりの方法を、今世の中にある健康法からカスタマイズして考えてみましょう。
例えば、決まった時間に眠れないなら、昼間にちょこちょこうたた寝をしてしまって、それだけでも良いとその時は考えておく方がよいです。

最悪でもそれが何日か続く辺りでぐっすり眠れたりもします。

久しぶりにぐっすり眠れそうな日にはもうすぐ倒れ込んでしまって、夕ご飯などカットしたって構わないでしょう。翌日調子を見て、ご飯量を調節すればよいです。
また、自分はどのような時に食欲がなくなって、その状態の時に合う食材は何かを考えてみることを勧めます。

自分が欲しくなるものでも構いませんが、そのような時の疲労に対し効く栄養と言われる食材で食べたいものであればベストです。

サプリメントも大事ながら、食材を摂らないことには胃腸が弱っていくので、何がしかは口に出来ることが好ましいです。
運動についても労力が捻出できないなら無理はしないで、軽いストレッチや体操のようなもので生活にまつわる筋力だけは非力にならずに済むような体の整え方をしておくとか、職場に向かう間のある区間の道のりは少し小走りに走って体を温めることにしようとか、工夫をしましょう。
気持ちが負けてしまうことを最小限に抑えて、せっかくの現代特有のライフスタイルを楽しめるといいですね。

そう暮らしていると、もし体を壊して病院に掛かった時にも、早く良く治っていけるはすでもあります。

「食べても食べても太らない人」と「食べたら太る人」の違いについて

あなたの身の回りにいわゆる「痩せの大食い」と呼ばれる、食べても食べても太らない人はいませんか。
一方、食べたら食べた分だけ太ってしまうので、食べる量に気を使っている方も多いかと思います。

好きなものを好きなだけ食べながら体型を維持できるなんて羨ましい限りですよね。
ではこの両者にはどのような違いがあるのでしょうか。生まれつきの体質なのでしょうか。
そんなことはありません。
食べても太らない体質は作れるのです。

そこで今回は「食べても太らない体質を作る方法」について紹介していきます。

【太りにくい体の鍵は「基礎代謝」にあった】
基礎代謝とは「ただ生きていくのに必要なカロリー」のことです。
基礎代謝が高い人は、何もせずにただ横になっているだけでも大きなカロリーを消費します。
逆に基礎代謝が低い人はそれほど多くのカロリーを必要としません。

つまり、基礎代謝を上げれば、黙っていても消費するカロリーは増え、太りにくい体質になるということです。

【基礎代謝を上げるにはどうしたらいい?】
基礎代謝を上げるたった一つの方法、それは筋肉量を増やすことです。
筋肉が多ければ、たくさん食べても太らない具体的な例としては、プロのアスリートの食生活です。
アスリートの食事は、一般人では考えられないほどの量です。これは毎日トレーニングでカロリーを消費するから、という理由だけではなく、筋肉量が多いため、食事量が少ないと筋肉が退化してしまうからです。

もちろん一般人があれだけの量を食べて太らなくなるまで鍛えるのは到底難しい話ですが、外食や間食を少々食べ過ぎても体型に影響しないくらいまでに鍛えることは十分可能です。
では、どのように鍛えていけば良いのでしょうか。

【運動初心者向け!自宅でできる簡単トレーニング】
筋肉をしっかりとつけるためには、長期にわたって継続したトレーニングが必要です。
しかし、頭では続けないととわかっていても挫折してしまう方の原因のほとんどが「いきなりハードなトレーニングをしてしまう」ということが挙げられます。
序盤はついつい張り切ってキツいトレーニングをしがちですが、継続するためにもまずはちょっと物足りないかな、というくらいから始めて、毎日少しずつ運動量を増やしていきましょう。
スクワットや腹筋運動は大きな筋肉を鍛えることができるので効率良く筋肉量を増やすことができます。
まずはこういった簡単な運動を日常生活の中に取り入れていく習慣をつけましょう。

【まとめ】
少ない負荷から始める筋トレはすぐに結果が出るものではありません。
しかし、根気よく続けていくことで確実に体質は変わっていきます。
怪我や過度の筋肉痛にならないようにご自身の体をしっかりと観察しながら無理のない範囲で続けていきましょう。

ポリピュアEXの口コミ